読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溶連菌感染 〜我が家の場合〜

庭の雪もかなり少なくなり、日に日に春に近づいていく今日この頃…



結論から言いますと、私、溶連菌うつりました(泣)
コメントにて、暖かい心配のお言葉を頂戴したにも関わらず、駄目でした…f^_^;(本当にありがとうございます✧)


そんな経緯をさらっと書きます。
何かの参考に…なるかな?(^◇^;)

※ あくまで、我が家の場合(掛かりつけ医師の判断含む)となります事をご了承ください。



始まりは、3日前…

・夫〜朝起きるとかなり喉が痛む。
夕方、耳まで痛くなり病院へ。発熱。
インフル陰性。鼻・耳には問題なく、風邪の診断。
その後、耳・喉・頭が激痛で寝込む。


2日前…

・夫〜朝は熱が下がるが、症状は変わらず、痛みが酷い状態。
夕方、再び熱が出てきた為、再度病院へ。(熱が続き心配なら、24時間後にもう一度インフル検査に来る様に言われていた)
夫の症状から、インフルではなく溶連菌検査←陽性


昨日…

・夫〜会社を休む。(病院指示により)
かなり調子も良くなり、半分寝て半分起きて過ごす。
・私〜朝起きた時から喉が痛む。昼過ぎから身体が怠くなり微熱。
病院へ行き事情を説明。インフル陰性。溶連菌←陽性
・二女〜溶連菌←陽性
・長女〜溶連菌←陰性



ザッと時系列で書くとこんな感じです。



私は、喉が痛く熱も出てきたので、うつったっぽいなぁ〜と思い、病院へ行きました。



病院で事情を説明し、溶連菌検査をお願いした所、私だけじゃなく、鼻水だけで熱も喉の痛みもない二女まで検査をする事に。



先生曰く、家族に溶連菌が出ると、他の家族も全員検査をしないと駄目なんだそうです。



溶連菌は、感染力が強く、免疫もつかないので、もし、家族に感染者がいると、本人が治ってもまた家族から移されて…とピンポンの様に繰り返すらしく、そうならない為にも一網打尽にしなければならないとの事。



もし、感染していない場合でも、予防の為に、数日間抗生物質を飲まなきゃならないそうです。



結果、まさかの二女まで陽性でした(´Д` )



長女も検査をした方がいいと言われ、その頃にはかなり具合が悪くなっていたにも関わらず、二女を自宅に連れ帰り、今度は再び長女を病院へ。(昨日は、比較的病院が空いていたのでまだ助かりました…)



結果、長女は陰性で、おそらく、3日前から鼻風邪で抗生物質を飲んでいたのが予防になったのではないかとの事。



溶連菌の場合は、適切な抗生物質を10〜14日間飲めば、症状は数日でよくなるそうですが、きちんと抗生物質を飲み切って完治させないと、再発したり、心臓に障害をおこすリウマチ熱や腎炎などの続発症をおこす危険もあるそうです。



抗生物質を服用し、24時間後からは他への感染の心配がなくなる、との事で、昨日の夜から薬を飲み始めた二女は、熱も無く元気ですが、今日一日は幼稚園をお休みさせました。



そして、肝心の私ですが、昨日、二往復した病院から帰った頃にはもうかなり具合が悪く…


熱が上がる前のゾクゾクとした悪寒、怠さ、喉の痛み、頭痛で、ストーブの前にうずくまったら起き上がりたくないくらいの状態でした(>_<)



それでも、家族の為に、ご飯だけ炊き、レトルトの中華丼とみそ汁の晩ご飯…(笑)

(雑な開け方ですみません…何せ具合が悪かったものでw)
この冷凍の中華丼、レトルトなのに具もしっかり入っていて美味しいんですよねー。何かの時の為に、家族分買っておいてあります。←まさに、役に立った(笑)



寝る前には38度台の熱になっていましたが、暖かくして早めに寝たのが良かったのか、薬が効いたのか、朝起きたらかなりラクになっていました。


喉はまだ痛み、本調子ではないものの、動ける様にはなったので、今日は、色々とやらねばならない事をやりました(´∀`; )
夫は3日も寝込んでいたのに、私はたった一晩で治し、動かなければならないなんて…主婦は辛いぜ(´;Д;`)



まだまだ家族揃って、薬は飲み続けなきゃなりませんし、再診にも行かねばなりませんが、とりあえず、こんな形となりました。


おかげで、先日の記事のお薬ケースがフル活用されてますよ〜(^^;;

(右が夫で、左が私のです…w)



まさかの家族の連帯責任でしたが…。
これからも、家族の健康、自分の健康に気を配り、毎日頑張っていきたいと思います。



来週には卒園式だというのに…
逆にその前で良かったのか…⁉︎ (^^;;



イオンショップ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ